環境啓発コンポーネント新規専門家
高橋正弘(環境啓発コンポーネント)

こんにちは。1月24日にBBEC・環境啓発コンポーネント(PAC)に着任いたしました高橋正弘です。2007年1月までの任期で、サバ州政府・科学技術室に勤務し、環境教育政策の専門家として活動いたします。日本国内では財団法人地球環境戦略研究機関に所属し、主として環境教育に関する戦略研究を行ってきました。

この度私に与えられた役割は、BBEC・PACがこれまでの4年間で積み重ねてきた活動が止まないようにし、そして将来にわたって継続的なものとしていくことです。

そのためにも、サバ州政府が今後どのように生物多様性保全に関する環境教育に取り組んでいくか、政府内の関連組織や機関がどのように環境教育への責任を分担し合っていくか、サバ州全体の環境教育のコーディネーションを具体的にどう確保していくか、などを明らかにした、いわゆる「環境教育政策」を策定することが必要です。科学技術室が中心となってこの環境教育政策の策定作業を先導していきますが、さまざまな政府機関や組織、NGOや産業界、ジャーナリストなどとも調整が必要です。環境教育政策の専門家として、政策の内容についてアドバイスするだけでなく、生物多様性・生態系保全のための教育・アウェアネス・研修の機会をどのように組み立てたら効果的なものとなるのか、さまざまな関係者と積極的にコミュニケーションを図り、その過程で議論を深め、環境教育の制度化を推進していきたいと思っております。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

上へ
閉じる

JICA