福留功男のジャングル紀行「緑の絆」でBBECプログラムを紹介
2004.10.29
草野孝久

 

ブロードキャスター」、「太平洋横断クイズ」、「ズームイン朝」でおなじみの名司会者兼プロデュサー、福留功男さんがサバにやってきました。BBECプログラムを題材に<福留功男のジャングル紀行「緑の絆」>制作のためです。この特別番組は、福留さんの企画で始まったそうです。私たちの国際協力を題材に選んでいただき、何とも光栄なお話です。

 9月に入り、千葉ディレクターが打ち合わせに訪れ、中盤には本格的な撮影、そして下旬には福留さんを迎えて仕上げの撮影を行いました。

私に取って今回役得だったのは、名キャスターの福留さんから何時間もいろんな話を聞かせていただいたことです。福留さんは、国際協力、途上国の開発や環境問題を非常に真摯に考えておられ、たくさんのことをご存知で、また、私たちのような国際協力の仕事が日本の方々に理解されるように広報役を買って下さっているのです。TVで拝見する温和なお話ぶりはそのままで、実に気さくなお方でした。ますますファンになりました。サバではブロードキャスターを観ることができないのが残念です。
<福留功男のジャングル紀行「緑の絆」>の内容は、BBECプログラムの野生生物生息域管理コンポーネントの活動が中心です。河の民ティドン族の人々を主体に据えた保全区づくりに取り組む坪内俊憲専門家とサバ州野生生物局のヘルマン君の奮闘、村人との交流、辺境の村の暮らしの厳しさや楽しさ、環境と貧困の問題が福留さんの訪問を通して紹介されています。BBECプログラムのムスタファ委員長やマヘディ野生生物局長などサバ側の主立った人たちや、生物学研究教育の専門家たち、私も脇役で少しずつ出演しました。

 この番組は、テレビ東京(12チャンネル:地方ではその系列局)で10月11日(月:体育の日の振替休日)の朝9:00?9:50に放送されました。

 

 

 読者の方々より、「緑の絆」を観た感想が寄せられていますので代表的なものを以下にご紹介します。

0000000

> 父・母・私 3人で、番組を拝見しました。

> ジャイカの日本人スタッフの皆さんが、こんなに素晴らしく活躍されているのだと、

> 3人でとても感動しました!

> 私たちも、自然保護に目覚めそうです。とても良い番組でした。

---

> ご無沙汰しています。

> テレビ画面に食い入るようにして、家内と一緒に拝見しました。

> チーム・ワークよく、プロジェクト運営をされてい

> ることが端々で垣間見えました。

> 益々のご活躍を!

---

> 本日TV放送を家族一同(子供と)で拝見いたしました。

> みなさんが真剣な表情で熱く語っていて印象深かったです。

> 坪内さんと村の人々との心の交流の面にスポットをあてていましたね。

> 植林後の苗木の管理に対する現地人への指導ひとつをとっても、

> 本当に簡単なことではないとの思いを強くしました。

> 森林伐採の現場はTVではじめて見ました。こんなにひどい状態

> だったのかーといまさらながら絶句しました。

---

> 昨日朝東京TVで拝見しました。

> 大変真面目に取り上げられており感銘を受けました。

> エコツーリズムにやや比重が掛かっていてこれまで伺った

> 多彩な内容に比べて一面的かな、という印印象を受けましたが

> TVですから仕方がないのかも知れません

> 改めてご活躍をお祈りいたします。

---

> 昨日福留さんの番組を観ました。

> 生態系保全の難しさと保全の難しさが伝わる番組だったと思っています。

> でもすごく素敵な任地でかなり惹かれました。---

> 10/11(月)朝,テレビ東京の番組を見ました。

> このように途上国でのJICAの仕事が紹介されることは大変若い世代への

> 環境への意識付けの効果が大きいと思います。

---

> 昨日テレビ東京の番組を見ました。  残念ながら番組始まって15分ごろ

> から見ることになりましたが 皆様のご活躍ぶりが良くわかりました。

> 陰ながら応援しております。  ご苦労も多いと思いますが有益なお仕事に携われ

> る幸せもあるのではと少し羨ましい気持ちもします。

上へ
閉じる

JICA