新任サバ州科学技術室長Fatimah Jaafarさんの紹介 三戸森 宏治(業務調整)
昨年の10月末よりFatimah Jaafarさんがサバ州科学技術室の室長として着任されました。室長に着任される前より、科学技術室の副室長としてBBECの活動に既に関わられています。

プロジェクト運営の事務局代表の一人として、環境啓発コンポーネントのトップとしてBBEC活動のキーパーソンの一人と言えます。そんなFatimahさんからのメッセージを紹介いたします。下に仮訳を付けております。


写真 Fatimah科学技術室長

(原文)
It is an honour and a pleasure for me to be given the opportunity to introduce myself in this magazine. I took office as the director of the Science and Technology Unit, Sabah Chief Minister Department on the 30th October 2005 succeeding Mr.Moktar Yassin Ajam. I have been serving the Sabah State Civil Service since August 1979 in various departments but this is my first involvement with International Programme under the Bornean Biodiversity and Ecosystems Conservation (BBEC) Programme.

The Science and Technology Unit is a small organization with only limited manpower capacity but this will not hindrance it to disseminate relevant information regarding sustainable utilization of the biodiversity component, to ensure the conservation and sustainable use of biodiversity in various sectors.

I am heading the Public Awareness Component of BBEC, one of the four components selected as a project for the programme. The success of the programme depends on the ability of PAC to communicate and educate the majority of Sabah population, Personally I am very happy to be involved in this programme realizing the importance of public awareness to conservation and sustainable use. I am content to note that after nearly 4 years of the implementing all the activities also indicates the good cooperation and close collaboration among components or working group members and JICA. Thank You

(仮訳)
私の紹介のためにメールマガジンの紙面をいただけたことを感謝いたします。私は、Moktar Yassin Ajam氏から引継ぎサバ州科学技術室の室長に10月30日に着任いたしました。1979年8月にサバ州政府の職員となって以来様々な部署での業務を行ってまいりましたが、BBECの様な国際的なプログラム関わることは初めてでした。

私の所属する科学技術室は小さな組織であり、限られたマンパワーしか持ち合わせていません。しかしながら、そのことが持続的な資源の活用などの周知活動の妨げとはならないと考えています。

BBECの環境啓発コンポーネントのトップとして、このBBECプログラムの成功は環境啓発コンポーネントが多くのサバ市民と交流し、教育していくことにかかっていると思っております。個人的にはこのプログラムに関わり、環境啓発の重要性や自然資源の持続的利用の必要性を学ぶことができとても幸せに感じています。4年間の協力により、すべての活動がそれぞれのコンポーネントやワーキンググループそしてJICAとの協力関係や連携の構築をしてきたことにとても満足しております。

上へ
閉じる

JICA