サバ公園局職員研修担当官:ファティマ シミン氏 (Fatimah Simin)
CP紹介 (サバ公園局)

坂井 茂雄
1998年に社会調査の担当者としてサバ公園局に勤め始め、現在はサバ公園局のトレーニングに係るオフィサー。サバ州のタンギラン(トゥアラン郡)出身で、マレーシア大学サラワク校で、政治・政府研究をメジャーに、社会学・文化人類学・人的資源開発をマイナーとして学びました。

彼女の日常の仕事は多岐にわたり、社会関係の調査やまとめ、行事(ワークショップやセミナーなど)の実施、職員研修の実施、また公園への来訪者や見学ツアーの手配なども行っており、いつも忙しく動き回っています。

BBECプログラムでの関連としては、社会経済調査を中心に、職員訓練コースの実施、ワークショップやセミナーなどを実質的に切盛りしています。BBECプログラムが始まってから、本来業務に加えプロジェクトの仕事が大幅に増え、本当に忙しそうです。ただし、本人曰く、仕事は楽しんでやっているそうで、ともかく環境保全や調査の仕事は、社会的な意味も大きく、やりがいのある仕事だそうです。

Fatimah Simin

上へ
閉じる

JICA