記事一覧
2008. 7. 21

ラムサール条約登録申請の裏舞台:サバ州閣議に出席して  長谷川基裕(専門家:チーフアドバイザー)

2008. 6. 23 サバ州で初めてのラムサール条約湿地登録に向けた取り組み田島 誠(専門家:統合保護区管理)
2008. 4. 25 BBECフェーズ2オープニングセレモニー
2007. 12.13 より効果的な生物多様性保全のために -サバ州生物多様性委員会開催−
2007. 11.30 国際会議“サバ州の保全:ゴールドスタンダードへの旅”実施される
2007. 8. 28 リサイクルシステムについて
2007. 5. 25 ボルネオ島でも気候変動?
2007. 5. 25 動物園を支援
2007. 5. 25 バームクーヘンのオフィス
2006. 10. 16 BBEC終了時評価調査結果のご報告
2006. 10. 16 「サバ州環境教育政策」の起草作業実施中
2006. 9. 12 オイルパーム精油業者を対象としたセミナーを開催しました
2006. 9. 12 キナバタンガン河下流域サンクチュアリへのスタディーツアーを実施しました
2006. 9. 12 見て、聞いて、体験した、10日間の教師海外研修@BBECプログラム、サバ
2006. 8. 17 トゥンク・アブドゥル・ラーマン海洋公園のゴミ問題
2006. 8. 17 あのヤマケイにBBECが掲載されました。
2006. 7. 20 BBECの自己評価実施
2006. 7. 5 青年海外協力隊とのコラボレーション
2006. 7. 5 副大臣が日本へ
2006. 1. 3 (株)サラヤさん、ボルネオゾウ救出作戦に立ち上がる
2005. 12. 2 “地球の歩き方”にBBECが紹介されます
2005. 11. 17 100年後も持続的な自然環境データの収集をするために
2005. 10. 17 BBEC後の活動計画作成へ 環境啓発コンポーネントの統合化ワークショップ開催
2005. 8. 23 「ABU未来への航海」テレビ放送のお知らせ
2005. 8. 8 現場の声を聞け! 第2回環境ジャーナリズムワークショップ開催
2005. 7. 22 「ABU未来への航海」いよいよスタート!
2005. 7. 22 サバ州諸機関の連携を強める1台の機材
2005. 6. 28 BBECプログラムの現況について
2005. 6. 28 科学技術室、環境教育活動計画の実現化へ動き出す
2005. 5. 24 セガマ河下流域野生生物保全域設置がサバ州閣議において承認される
2005. 4. 16 祝! JICA広報グランプリを受賞!
2005. 4. 13 オバちゃんパワー炸裂!
スグッ川のアブラヤシプランテーション・スタディ・ツアー
2005. 3. 28 より戦略的な環境教育活動へ:第2回政策決定者ワークショップで学んだこと
2005. 2. 20 マリアウ・ベイスンの科学調査がもうすぐ始まる
2005. 2. 18 ダガット村、郡役場、野生生物局がタッグを組んでのエレファントハイウェイ復活作戦
2005. 2. 17 包括的で統合化された自然環境保全を確立するための国際協力=プログラム・アプローチ(援助の隠し味No.3)
2005. 2. 15 多難なオランウータンの森復活作戦
2005. 2. 8 塩の道トレッキング
2005. 2. 2 国際セミナーの分科会発表の選考について
2005. 1. 20 国際セミナー、鋭意準備中!
2005. 1. 20 マリアウ盆地科学遠征調査に参加しませんか?
2005. 1. 19 環境保全と開発援助、人間の安全保障:援助の隠し味No.2
2005. 1. 15 世界的なアブラヤシ消費の拡大とボルネオの森林の消失、そして伝統的村落生活の壊失
2005. 1. 5 国際セミナー参加希望者250名、発表応募者77名
2005. 1. 1 ホームページ・アクセス数5万7千件
2005. 1. 1 BBECプログラム報道件数500件
2004. 12. 31 BBECプログラムの出版物がサバ大学ブックオブザイヤー賞を受賞
2004. 12 マレーシア国立博物館で,サバ州に於ける日本の自然環境保全協力についての写真展を実施
2004. 12 野生生物の生息域を保全するための方策を開発する
2004. 12. 24 サバ州民の自然環境保全意識を向上させるために
2004. 12. 24 BBECプログラム中間評価結果は好評
2004. 12. 24 サバ州に来ませんか?BBEC国際会議参加へのお誘い
2004. 12. 24 利用者中心の環境教育:短期専門家小林毅さんの訪問
2004. 11. 24 なぜ国際会議を?(援助の隠し技:その1)
2004. 10. 22 BBECプログラムについての良くある質問
2004. 9. 30 国立公園管理手法開発プロジェクトの進捗
2004. 9. 28 生物多様性保全に貢献する研究・教育手法を構築する
2004. 9. 19 大人もはまるドリームスタジオ
2004. 9. 16 実り多かったメララップセミナー
2004. 9. 17 「生物多様性を保全する」という考え方
2004. 8. 27 消費文化を考え直そう
2004. 8. 10 ジャーナリストのアイドルKaram Singh Walia
2004. 8. 6 TV会議で進める国際理解
2004. 8. 4 ボルネオの生物多様性を守ることの意義
2004. 8. 2 ジャングルスクールで日マ両方が学ぶ自然保全
2004. 8. 2 テレビ会議による日マ学校間交流で環境教育を促進
2004. 7. 10 サバ州主席大臣も絶賛:BBECの出版物32冊になる
2004. 7. 8 「ゲームで本音!?:村長たちのワークショップ」
2004. 5. 22 実例に勝るものなし
2004. 5. 10 ショッピングセンターでの「世界水の日」展示会
2004. 5. 5 保護区内の私有地をどう扱うか?
2004. 4. 29 セカマ河下流域野生生物保全区(申請中)でのエコツアー開発
2004. 4. 23 村落観光組合の設立
2004. 3. 24 ボルネオ・サバ州とケニアの自然保全の比較
2004. 3. 24 政治家を自然環境保全に巻き込む「BBEC国際セミナー」に参加して
2004. 3. 18 日本の事例に学びサバ州の環境教育を改善する
2004. 3. 5 雪国と常夏の子供たちをインターネットTV会議でむすぶ
2004. 3. 1 野鳥公園での学校教師への環境教育研修
2004. 2. 17 生物多様性条約(CBD)第7回締約国会議(COP7)
2004. 2. 11 今度はCOP7にのりこみだあ
2004. 2. 7 地域行政主導のネイチャー・プログラムの実施
2004. 1. 25 クロッカーレンジ公園、ネイチャー・センターのオープニング迫る
2004. 1. 24 キナバタンガン調査の報告書完成
2004. 1. 23 BBECプログラムの運営管理体制
2004. 1. 15 日本とサバ州の学校が環境教育で交流する
2004. 1. 12 「サバ州民の環境意識を変える」という目標を「環境保全に向けた行動を起こさせる」に変えるまで
2004. 1 社会問題に関するワークショップが開催される。
2003. 12 <BBEC活動が紹介された最近のメディア記事>
2003. 11. 25

BBEC、州議会になぐりこみだあ!

2003. 10. 10 生物多様性保全に向けてターゲットグループの行動様式を変化させるモデルの構築を進める
2003. 10. 10 重要種の生息域を管理するための統合的取組手法の構築
2003. 10. 10 地域社会と公園管理に関る状況把握
2003. 10. 10 クロッカー山脈公園の整備進む
2003. 10. 17 初代BBEC国内委員長がサバ大学から名誉博士号を授与
2003. 10 ティドン族の若者30人スカオ村で保全を学ぶ
2003. 9. 24 保全すべき種から行動を考える」ことから、「保全する人から考える行動」への発想転換
2003. 9. 14 つくば市で開催の国際会議で、サバ州のCPたちが発表
2003. 9. 10 サバ州生物多様性情報データベース化とネットワーク化の動き
2003. 8. 19 BBEC閣議で報告される
2003. 8. 13 生物の遺伝的多様性を調べる
2003. 8. 10 青年海外協力隊員が着任:のどかな村でホームスティを体験
2003. 7. 11 国際セミナー2004年
2003. 7. 1 DNA分析研修
2003. 6. 20 BBEC出版物11冊となる
2003. 5. 8 環境啓発:新たな局面へ
2003. 5 豊かな生態系の楽園「エデンの東」を救え!
2003. 5. 6 BBECプログラムの参加型モニタリング評価を行って
2003. 4. 29 当プログラムの報道件数100件を超える
2003. 4. 1 薩長同盟なる:生物標本データの共有化へ
2003. 3. 28 村落社会と共存する国立公園
2003. 3. 27 国際セミナーにサバ州の首席大臣が出席
2003. 3. 27 主席大臣に酔う半日:国際セミナー2日目
2003. 3. 16 マフアの滝を巡る論争
2003. 3 「ボルネオ生物多様性・生態系保全プログラム」協力開始式典
2003. 3 生物多様性の研究者を育てる。
2003. 2. 28 生物多様性のデータ・シェアリング
2003. 2. 19 生物多様性情報の統合化を目指して
2003. 2. 15 プログラム・ロゴ決まる
2003. 1. 26 ボルネオ生物多様性国際セミナーを開催
2003. 1. 16 村人によるエコツーリズムの開発
2003. 1. 16 イノボン・ビジターセンター完成
2003. 1 サバ住民の環境意識向上のための活動
2003. 1 第3回モニタリング終わる
2002. 12 マフア・サブステーション建設に合意
2002. 12 ホームスティ・プログラム
2002. 7 生物標本データベース・セミナー実施
2002. 3. 27 協力開始1年後の成果
   
   
上へ

JICA