リサイクルシステムについて
三戸森宏治(業務調整)

 ボルネオ島サバ州においても、リサイクルへの関心は高まりつつあります。
町の中に設置されたリサイクルボックスを見かけることもありますし、ショッピングセンターでは、ビニール袋を減らすため、ショッピングバックを販売しているところもあります。
しかしながら、局地的にはこのような動きがみられますが、リサイクルが一般の生活に浸透しているかといえば、まだまだ身近なものとなっているとは言いがたいです。

道を歩いていると、ゴミが道端に捨てられている光景に出くわします。
そのゴミを観察してみると、多くはスーパーのレジ袋やお菓子を包装したアルミ袋です。ペットボトルも少し捨てられています。缶やビンはほとんど見かけません。

この捨てられているゴミは、資源として換金できないものばかりなのです。リサイクルの資源として換金できるゴミは捨てられません。

缶、ビンが換金できるのであれば、ペットボトルもまた資源として再利用し、換金できそうなものですが、捨てられているものを見かけます。そこで、捨てられているペットボトルを取り上げ見てみると、リサイクルマークがついていないことに気づきます。このペットボトルは質が悪く、資源として再利用することが困難であり、資源としての価値がとても低いのです。

ゴミを投棄する人も、拾う人もこのシステムを認識しているのです。何がお金になって、何がならないかを十分に理解しています。

以前は、缶やビンも換金システムが整っておらず、投棄されていたようですが、換金ができるようになってからは道端から姿を消したそうです。

現在、多く投棄され問題になっているビニール袋の解決には、使用量を減らすこと、ポイ捨て禁止の啓発に付随して、ビニール袋自体にリサイクルする際の付加価値を加えることも解決策の一つと言えます。

上へ
閉じる

JICA