国際セミナー、鋭意準備中!
2005/01/20
谷口 光太郎
1. 日程と会場を変更しました。

 以前にもご案内しましたが、「第3回BBEC国際セミナー2005」を開催します。残すところあと1ヶ月となり、のんびり屋さんのカウンターパートたちもお尻に火がついてきました。
 このたび、諸事情により、当初ご案内していた日程を1日繰り下げ、会場も変更することとなりました。ご参加戴く方には大変申し訳ありませんが、何卒ご理解賜りますようお願いします。
 詳細のプログラムや申込書については、運営事務局のサバ大学熱帯生物・保全研究所のホームページから、ダウンロードできますので、是非ご一読ください。

●日程:2005年2月22日(火)〜24日(木)(3日間)
●会場:ステラ・ハーバー・リゾート&スパ パシフィック・ウィング(コタキナバル市内)<http://www.suteraharbour.com/>
●申込先:サバ大学熱帯生物・保全研究所「BBEC国際セミナー2005」事務局
 ・電話:+60-88-320-104(担当者:Mr. Daniel Pamin)
 ・FAX :+60-88-320-291
 ・メール: danielpamin@yahoo.com
 ・ホームページ: http://www.ums.edu.my/ibtp/index2.html

(2) BBECプログラムお勧めの視察旅行もご用意!
 せっかくボルネオまでお越しになるのなら、会議終了後は、思いっきりサバの自然を満喫してみませんか? 一般ツアーでは味わえない、BBECプログラム独自の視察旅行をご用意してお待ちしております(費用は別途必要です)。
 詳細情報は、上記のサバ大学のホームページに掲載しますので、ご確認ください。

★Aコース:クロッカー山脈公園「塩の道」踏査ツアー
 サバ州最大の州立公園・クロッカー山脈公園。塩を運んだ先人の足跡に思いを馳せながら、32kmのトレッキングを満喫してください。村でのホームステイもあります。寝袋やレインコート、川で沐浴するための水着は、各自ご持参ください。ポーターも傭上できるので安心。期間は、2/25〜28の3泊4日。

★Bコース:セガマ河下流域ダガット村でのエコツアー
 新たな保全域として提案中のセガマ河下流域。そこに住まう村人がガイドとなり、エビ漁、シジミ漁、植樹など、とっておきのエコツアーが体験できます。村では、ホスト・ファミリーが温かくおもてなし。ダガット村の素朴な生活にハマること、請合いです! 期間は、2/25〜27の2泊3日。

★Cコース:マリアウ盆地探検ツアー
 サバ州南部の自然保護地域で、科学遠征調査に同行するツアー。今までほとんど学術調査も行われておらず、まさに未知との遭遇。コタキナバルからは、バスで4時間、4輪駆動車に乗り換えてさらに3時間、1泊した後、翌日は徒歩8時間以上かけて、ようやくキャンプ地へ辿り着きます。2/25から開始し、期間はご相談に応じます。

上へ
閉じる

JICA