野鳥公園での学校教師への環境教育研修
2004/03/01
井口次郎

2月4日?6日、マレーシアサバ州コタキナバル市内のコタキナバル市野鳥公園(Kota Kinabalu City Bird Sanctuary)において、教員に対する環境教育研修が実施された。

 この研修は、サバ州ボルネオ生物多様性保全プログラム(BBEC)の環境系発活動の一環として行われたもので、コタキナバル周辺地域から30名の中学校教員が招待され、学校のカリキュラムにおける環境教育の位置づけについての講義、フィールドでの自然解説演習、学校の授業への環境教育の統合の演習まで、自然教育に関わる広い分野の研修を受けた。

 研修に参加した教員に対し、JWC(日本湿地センター)より提供されたアジア湿地週間・世界湿地の日のポスター、シール、Tシャツなどが配布された。

関連記事と写真は、http://www.bbec.sabah.gov.my/NewsEvent2004.htm で。

上へ
閉じる

JICA