つくば市で開催の国際会議で、サバ州のCPたちが発表
2003/9/14
草野孝久
つくばで10月4日〜10日に開催される「生物多様性情報に関する」際合同フォーラム:アジア太平洋地域でのキャパシティ・ビルディング」に、サバ州の私たちの技術協力プログラムのカウンターパート5人が出席し、口頭発表、カウントリーレポート・セッション、ポスターなどで、サバ州での生物多様性情報の取りまとめ状況の紹介、BBECプログラムによるデータ共有の構想などを発表します。ブースを一つ貰い、サバ大学のデータベースを動かすパフォーマンスも用意してます。

このCPたちは、科学技術室長、サバ大学の講師1名、森林研究所の研究員2名、そしてサバ州公園局の研究員1名です。兵庫人と自然の博物館からJICA専門家として来ていただいた橋本さんも、帰国後彼等と合流し、サバ州での生物多様性情報ネットワーク構築への日本の技術協力の紹介をしてくれる予定です。

この会議のプログラム詳細、参加申し込みは、 http://www-gti.nies.go.jp/forum2003/ でアクセスできます。お時間の許す方は、会場でサバ州のCPたちを励ましてやって下さい。
上へ
閉じる

JICA