全閣僚がBBECを訪問
2004/03/05
谷口光太郎
サバ州の閣僚全員がサバ大学を3月2日に訪問しました。BBECプログラムの研究教育プロジェクトの主務機関のひとつであるITBC(熱帯生物学・保全研究所)を見学し、日本の技術協力で実施中のプロジェクトの進捗や成果を理解しました。

 新聞でよく見る大勢の大臣たちが、プロジェクトサイトをゾロゾロと移動し、電視顕微鏡やDNAラボを視察する姿は圧巻でした。

 主席大臣(州知事に相当)は、この見学の途中に草野チーフアドバイザーに声をかけ、日本の技術協力への感謝の念を述べました。チーフアドバイザーは、観光文化環境大臣や官房長官からも声をかけられていました。

 草野さんは「国会と州議会の同時選挙を3週間後に控えたこの時期に、なぜ全閣僚が一斉にサバ大学を訪れたのかは分からない。2月25日のBBEC国際セミナー開所式に来て来賓挨拶してくれた主席大臣に、昼食の時にかなり宣伝したのが効いたのかもしれない」と言っていました。

 昆虫標本を観るムサ・サバ州主席大臣(中央)。右隣のネクタイ姿は、アブハッサン・サバ大学学長、さらにその右隣はマリアティ・ITBC所長。
上へ
 閉じる

JICA