BBEC
ボルネオの自然
男前のシュモクバエは目が離れてる!?

2004/03/24
館 卓司

 

これは何だと思いますか?変わった形をしていると思いませんか?これは,ハエの仲間である,シュモクバエという種類の顔のアップです.両端の丸いのが目(複眼)で,中央の下側に見えるのが,口になります.皆さんは,ハエと聞くと,不潔とかうるさいとか,目障りなど,不快に思われることが多いと思います.そのようなハエの仲間も確かにいますが,ハエの仲間全体から見れば,一部にすぎません.

 このシュモクバエの仲間は,ボルネオやアフリカなどの熱帯域を中心に約170種が分布しています.そのうち多くは,写真のように目が離れています.日本でも,沖縄に1種類分布していますが,あまり離れていません.

 人間では,性差に関係なく,目の離れた人やそうでない人などが見られます(私の目の幅はやや狭いようです)が,この種類では全体的に,オスの方がメスよりも離れています.なぜこのように目が離れているのでしょうか?どのような役目があるのでしょうか?明確な結論はまだ出ていませんが,考えられている説があります.それは,目の離れているオスの方が,モテるという説です.2頭のオスたちがメスの奪い合いの喧嘩をする場合,お互いに顔を寄せ合い,どちらの目の幅が広いかによって,勝敗が決まります.離れた目を持つオスが,多くの場合勝ちます.このようなオスが多くの子孫を残すことができ,少しでも離れた目を持つオスが生き残ってきたと考えられています.

 このように,目の離れたハエは,ほかのグループ(ショウジョウバエやヒロクチバエなど)でも見ることができます.このハエたちにとって,目が離れていることが,「男前」ということのようです。

上へ
閉じる

JICA